IVROを受けるメリットについて

顎骨の変形が下顎に見られる場合に行う下顎骨切り術には、下顎を小さくする場合と下顎を大きくする場合があり、顎の変形状態によって、上顎単独や下顎単独、上下顎などさまざまな顎骨骨切り術があります。中でも、特に多く行われている下顎骨切り術が顎骨の口内を切開して顎下を移動させる手術です。口内を切開して行う手術にはSSROと呼ばれる下顎枝矢状分割法と、IVROと呼ばれる下顎枝垂直骨切り術の2つの方法があります。SSROは顎下を移動させる手術としてもっとも広く用いられている方法で、神経を内側に温存し両側の下顎枝を内外側に分割、内側の歯列の骨を移動させ固定させる方法です。一方、IVROはポピュラーな手術法ではないものの、両側の下顎枝を骨に入る神経の後ろ側で垂直に分割し下顎を後方に移動させる方法で、SSROよりも安全に手術を行うことができるといわれています。

IVROを受けることで得られるメリット

IVROは突出ししゃくれている顎を引っ込めたい方におすすめの手術方法です。IVRO同様、顎下を移動させる手術にはSSROと呼ばれる手術方法もありますが、IVROはSSROと比べて手術時間や手術回数も少なく、下顎の機能回復もSSROよりも早いというメリットがあります。また、術後は固定しなければならないSSROとは違い、IVROは術後の固定も不要なため、手術後も関節部位を自由に動かすことができるので関節への負担が少なく、顎関節症などの顎関節疾患の痛みを改善することもあります。ほかにも、SSROは神経を損傷させてしまう危険性がありますが、顎神経の後方から手術を行うIVROは手術中の神経へのダメージもほとんどなく、神経麻痺などの後遺症も少ない手術となっており、SSROよりも安全に手術を受けることができます。

IVROを受けることで起きるデメリット

SSROと比べて比較的安全に手術が行えるなどメリットも多いIVROですが、デメリットな部分ももちろんあるのでIVROを受ける際には注意も必要です。例えば、IVROはSSROと比べて手術時間や手術回数は少ないものの、術後の治療期間が長いため、治療のための来院回数が多いという点が挙げられます。また、術後固定をしないため2週間ほどは安全のために顎間固定が必要となってしまいます。他にも、術後の後遺症は少ないものの、出血や知覚異常が起こり、睡眠時無呼吸症候群などの呼吸器疾患を引き起こす場合もあるので手術が成功したとしても安心はできません。また、下顎が矯正手術で動かした方向と逆方向に戻ってしまう後戻りが起こる場合もあるため、手術後は術後の矯正治療も行い十分に観察していく必要もあるなどのデメリットもあります。