IVROをするのにかかる費用は

IVROとは、下顎枝垂直骨切り術という術式を表す言葉です。顎変形症を治療するために行われる外科の手術で、歯並びや受け口、顔面の非対称を矯正するために行う手術のことです。近年ではこの術式に保険が適用されるようになり、患者さんの負担は3割負担が認められています。入院が必要なため、30万円から40万円の費用がかかります。ただし、手術の内容によっては、保険診療外になることもあります。そうなると100万円から120万円の費用が必要となることもあります。保険診療であれば、高額医療費に該当するので、収入によって医療費の返還があります。ただし、保険診療外の場合は、高額医療費や医療保険の対象には該当しないので、全額自費での負担となります。患者さんの状態によってかかる費用は異なります。IVROの相談は無料で受け付けている期間が多いので、必ず自分の状態でどのくらいの費用になるのかを確認することが大切です。

IVROの手術は歯科か美容外科か

IVROの手術を受けることのできる医療機関は、大きく分けると歯科か美容(形成)外科になります。基本的な術式は同じですが、歯列矯正の有無によって実施する診療科が異なることがあります。また費用も大きく異なるので事前に確認をすることが必要です。歯並びの矯正が必要な場合は、IVROの手術の前に、歯科矯正を行います。その矯正が終了した時点で、IVROの手術を実施することが可能になるのです。顎変形症の場合は、歯が前に突出していたり、噛み合わせが悪かったりという症状が多くあります。矯正の可能性がある場合は歯科、審美的な部分での改善の場合は美容外科ということになります。ただし、美容外科の場合は保険適用外にあることが多いので、歯科医院での費用と比べると、治療費がかなり多くかかることがあります。

IVROのメリットとデメリット

IVROは外科の手術のため、リスクは必ず伴います。術前に医師からもインフォームドコンセントで説明を受けますが、やはりメリットとデメリットは存在します。そこできちんと把握するためにメリットとデメリットについて紹介します。IVROの最大のメリットは手術の性質上、顔の神経の損傷がなく、唇の麻痺等が残りにくいということが挙げられます。また手術時間が短いというメリットもあります。また現在顎変形症で痛みを伴う症状のある方にとっては、痛みが取れるということが大きなメリットになります。反対にデメリットとしては、術後に下顎骨の固定が必要なため、退院をしても頻繁に通院の必要があることです。この固定はかなりしっかりとしたものなので、食事や歯磨きに支障が出ます。メリットとデメリットをしっかり理解した上で、手術を行う必要があります。