刺繍ワッペンの魅力は、ワッペンそのものが持つ糸たちの色彩美や、限られた面積で表現されている繊細なデザイン力といったものがありますが、何より、ワッペンが飾る洋服やグッズとの相性で、さらなる輝きを放ちます。シンプルで地味だったジャケットや、ごく普通の布トートバッグなどが、刺繡ワッペン一つで、ガラリと印象を変えます。例えば、ジャケットの胸に中世ヨーロッパ騎士の紋章エンブレムを飾れば貴族的な雰囲気となりますし、肩に軍の階級章のようなエンブレム刺繍ワッペンを付ければ、力強いクールさを演出することができます。愛らしい雰囲気の花々が刺繍されたワッペンでは、女子力がグンと高まりますし、可愛いキャラクターの刺繍エンブレムが目立てば、同好者の熱い眼差しを浴び、新たな友人ができたりも。おしゃれ以上の効果が狙えるアイテムです。

まずは、自分好みの刺繍ワッペン探し

軍の階級章もあれば、愛らしいキャラクターもある刺繍ワッペン、好まれる意匠デザインの数だけ無限に広がる世界ですが、それだけに、自分好みのものを探し当てるのは、なかなか大変かもしれません。とは申せ、インターネット検索が身近になった現代、あちこちのお店を歩き回って探していた時代からは、夢のように早く、好みの刺繡ワッペンと出会えるようになりました。検索サイトのワード欄に、まず刺繍ワッペンと入れて、スペースをあけて好みのキャラクター名やエンブレム、家紋の名称などをプラスして画像検索すると、すぐに幾つもの候補が表示されます。大手ショッピングモールで販売している刺繍ワッペンなどは、結果上位に出てくることが多いので、好みのものをすぐに入手することも可能です。気に入ったワッペンがそういった店舗で販売されている場合、最初からそのショッピングモールの検索欄で探し直して、『価格が安い』をクリックして結果を並び直すと、より安価なお店が見つかります。規定の料金以上の購入で送料サービスになることもあります。

バリエーションを楽しめる刺繡ワッペン

お気に入りの刺繍ワッペンを手に入れたら、手持ちの洋服やバッグ、小物などに早速付けてみましょう。最近は、裏に特殊な糊が付いていて、アイロンなどで簡単に布地に付けられるものもあります。ただ、洗濯やドライクリーニングで傷んでしまうこともありますので、やや手間がかかっても、ワッペンの生地と同じ色の糸で、縫い付けるほうが長持ちさせられます。この方法で付けておくと、同じ洋服で別のワッペンに付け替えたいときや、ワッペンを付けない状態で着用したいときなど、生地に糊が残らずに済みます。シンプルなジャケットなど、刺繍ワッペン一つで、幾通りもの雰囲気に変身させることができます。特定のテーマのイベントなど、会場イメージに合わせた刺繍ワッペンを付けて出かければ、賞賛の眼差しを浴びることも。付ける人の演出力一つで、刺繍ワッペンの魅力を最大限に高めることができるのです。